キッズ

2016年8月20日

mb_2
mb_1

2016.8.14(日)に、代々木公園、野外ステージで開催された、B-BOYの祭典であり老舗HIPHOPフェス「B-BOY PARK」に参加してきました。今年で19周年を迎える、日本のHIPHOPシーンの中でも、重要なイベントです。

急に大きなステージへの出演だったのですが、日頃からライブを経験し、いつも想定して練習していたり、参加メンバーも、人前で自分をパフォーマンスする事にもだいぶ慣れてきたので、この日もゲリラライブだったのですが、その割には、よく対応できていたと思います。

経験はお金で買えません。
この日は、そんな特別な想いをさせて頂きました。関係者の皆様にはお世話になり、ありがとうございました。

また来年もB-BOY PARKに、参加できるように、
頑張りたいと思います。

MAYU

2016年8月1日

100_2016

今年も川越の百万灯夏祭りにキッズチームが参加しました。今年は天候にも恵まれとてもいい天気でしたが、例年通りのとても厳しい暑さもありました。同伴する我々大人達もなかなか大変でしたが、そんな中、出演してくれたキッズ達はみんな元気よくダンスしてくれていました。皆さん今年もホントによく頑張ったと思います。こういったストリートで踊る機会というのは、ストリートダンスにとっては基本中の基本であるほか、不特定多数のお客さんの前で自分の腕前を披露するという、とても貴重な経験値を得れる機会にもなるので、参加したメンバーの皆さんの今後に必ず役に立つのではないかと思います。動画をアップ致しましたので、宜しければぜひご覧下さい。

2016年6月1日

collage

5月15日に行われたGROOVE BOX#2(川越スタジオ発表会)がおかげさまで無事終わりました。今回も沢山の方に参加、出演して頂きました。ご参加頂いた方関係者の方も皆さんホントにお疲れさまでした。

発表会の部分では、今回初めてステージに立つ方も多かった様ですね。普段スタジオで稽古したダンスを、沢山の人に見てもらう楽しさと、ステージ独特の緊張感を味わうことでいろいろな刺激があったのではないでしょうか。
中には「全然上手く出来なかったー」とか「振付け間違えちゃったよー」という方もいましたが、全然良かったと思います。もし更に良くしたいのであれば、本番当日はなるべくよけいなことは考えずに、音楽と自分の身体に集中し、自分のやって来たことを信じるだけで、ただ楽しいだけの舞台に変化してくれますので、また次回に向けて頑張って頂ければと思います。まあ要するに精神の部分がやはり大切で、そこを普段ダンスしながら意識して鍛えて行けるといいんですね。

皆さんは、なにかやる前は恐らく、上手く出来るかとか、間違ってしまうんじゃないかとか考えてしまうと思うんですけど、そういうのは完全によけいな思考で、もし自信がないのであれば、事前に、単純に自信がつくまで練習するしかないんですね。あ〜だこ〜だ考える前に身体動かすんです。かいた汗は嘘つかないですから、とにかく自信がつくまで練習する、分からない事は先生に聞く。それでだけ問題ないんです、これホントに。あとは現代の皆さんは忙しいですから、工夫して練習時間を作ることも必要になってきますね。「あ〜思ったとおりいかないっ」という顔を、終わってからしているのはもったいないですから、次回はもっと楽しめるように頑張りましょう。でもこういった原因と結果みたいなことをトータルで体験出来るのがステージや発表会の良い所で、自分はどういうタイプなのか、身体だけでなく精神の経験値が上がるので、経験するとしないとでは、かなり成長に違いがあると思います。
これからもイベントや発表会を行って行きますので、まだ参加したことがない方も次回はぜひご参加下さい。

※DVDは今回ステージ近くと全体の2カメで撮影しています。ご予約注文の方には6月末にお渡し予定。出演者の方へ、若干ですが枚数に余裕がありますので、ご注文まだの方は先生までお問い合わせ下さい。

ここからは個人的な感想です:
今回は川越スタジオが出来て3年の節目に、これだけ沢山のダンス好きなメンバーが集まって来てくれていることは本当に感謝しかないです。ダンス教室をやるということに対しては常に試行錯誤していますが、なんかチャラチャラして「ダンス楽しいですよっ」みたいなことだったらスクールに通わなくてもいいし、もう今の時代TV以外にもYOU TUBEだってあるから少し頑張れば誰でも出来るわけで、まあこの業界30年程のキャリアを持つ自分がやることではないと思っているんです。また、日本全国でもちょいちょい見かけますが、芸能界をチラつかせて高額のお金をとってしょっぼいダンス教えてるようなのは、見てると残念でなりません。私がダンスを始めた80年代からするとダンス人口は恐らく、少なくとも千倍程度に増えていると思いますが、その分、本質からは慣れてビジネスする方も多くなったことが原因かもしれないのですが。

じゃあ自分がやるダンス教室ならどういう使命があるかと考えますと、今のリアルなダンスとか高い技術とか色々あるんできりがないんですが、端的に言いますと一番大切なのは心の部分、すなわち「ハート」だと思ってます。例えば何かを見たりしてハートが熱くなったりすること、なんかやっていてワクワクするような気持ち。そういう気持ちでいると、周りの世界がどんどん楽しいものに変わって行き、どんどんやる気が出てきます。職場や学校生活を毎日送る中では、なかなかそのハートにまで響くことってそんなしょっちゅうないし、言うほど簡単なことではないですよね。
自分自身の今を感じたり、心と身体を鍛えたりして実際に経験出来るのが「ダンスすること」の本当に良い所だと思っています。
私自身、実体験から得た経験値とゆるがない実感がありますから、その大切さを常日頃からすごく感じています。

そういうことを伝えて行くためには、真剣に自分の身体と向き合ったり、日本のみならず世界のダンス情報収集と、ワールドクラスの技術は当たり前の時代なので、出来うる限り高いダンス技術を先生自身が学び続けることも必要になってきますが、私はダンス馬鹿なのでそれを楽しんで毎日ワクワクしながら練習しています。
もちろん部活などのスポーツでもある程度体験出来ますけど、ダンスには勝ち負けではない「表現」もありますから精神的にはもっと深いものがありますし、部活みたいに卒業したら終わっちゃうのではなく、踊ることを習得すれば生きている限りずっとできます。これは超ラッキーなことですし、精神も身体も健康でいるのが一番大切ですからね。そして仲間も出来る、ダンスするという同じ目的を持った仲間というのは、普段出来ない話が出来ることや、仲間と一緒に踊ることで得られる楽しさは、いくつになっても魂を元気にさせてくれます。

「踊る=心身をもっと振るわす」というような感じで、振動数を上げることでどんどん良いことが引き寄せられられる、なんか不思議なことも増えてきたりしてまたまた面白い。

だからグルーヴファンデーションというダンス塾に来てくれた方には、同じ体験を伝えたいし、体験させたいと思っています。
そうやって心の波動を上げて行けば、社会で受けるストレスや不安なんて吹き飛んじゃって、何ともないっていう感じで、ダンスやってただけなのに気づいたら強い精神が養われていたりしますし、またこれが一生続くんだからホント嬉しいかぎりです。

しかし今回もキッズの成長がまたすごかった、他の出演者の皆さんには大変申し訳ないけど今回は彼らの成長が際立っていました。やっぱりハートが熱いのかな、キラキラしてる子がいっぱいいましたね。でも大人でも熱が冷めていて当たり前ということはないです、もっと純粋に、音楽と自分の身体に意識を集中させて、自分自身の中にある自分をもっと引き出しちゃえば良いんです。大切な時こそDon’t mindで。まあでも時間ですよねやっぱり難しいのは、理想は3日に1回ダンスする感じ、出来れば週2回がやっぱりお勧めですが、現代人は忙しいですからね。いやいやでもそこのスケジュールを自分でなんとかしないと、社会の波にも飲み込まれて自分を見失っちゃいますから、まずは10分間でもいいのでコーヒーでも飲んで好きな音楽を聞いて、自分だけの時間を楽しむことをお勧め致します。言ってる自分も頑張ります。

最後に一言、ダンスをやるならレッスンだけではもったいない、ぜひイベントやステージにどんどん参加してください。

貴重なお時間を割き、最後までお読み下さいましてありがとうございました。

GROOVE FOUNDATION代表:
NUE

2015年12月8日

IMG_1015_4

 
11月23日に川越水上公園にて開催されたホンダカーズ埼玉南さんのお客様感謝祭で、グルーヴファンデーションのダンスチームがダンスパフォーマンスを行いました。今回は、下は6才から上は50才の方まで、4つのチームに分かれてショーケースを行いました。50才?と聞くと少々驚かれるかもしれませんが、グルーヴファンデーションでは生涯ダンスを楽しむ事を基本に考え、独自に開発したレッスン技術と、強い身体と動き続けるための身体作りをクラスの中でしっかり行っていますので、出来るんです(しかも本格的に)。

動画をアップ致しましたので、まずは女の子チームのショーケースをご覧下さい。

 

 
川越スタジオの皆さんは長い方でダンス歴2年半といった所でしょうか、皆さん全力で踊っている姿がとてもすばらしいですね。ダンスを始めたばかりの方にもとても良い経験となったと思います。笹塚スタジオから参加してくれた皆さんも川越まで来てくれてありがとうございました。川越スタジオが出来て2年半が経過致しましたが、スタート当初から通ってくれていて、イベントにいつも参加してくれている子の成長が今回はっきりと見て取れましたね。ダンスというのは、その昔は自分以外を演じるような装う事が主として考えられていましたが、これからの時代に大切なのは、自分自身のダンススタイルやそのダンスに対する思いと、その時の自身の気持ちをおもいきり体現し、そして音楽を表現する部分にあると思います。そこが出来るまでには様々な技術や経験が必要ですが、彼女達にはそれが少しずつ現れて来ていて、見ていて大変嬉しい気持ちになりました。

続いて男性チーム、まずは男の子キッズチームです。 

 
私個人的には、前回もブログで書きましたが、去年までは1名だけしかショーケースに参加出来ず、私のダンサー仲間に参加してもらい、男子チームはなんとかイベント出演をしていたというのがございますので、今回はなんと6名も…、感無量でまさに奇跡と思っています。しかも彼らは練習の時を遥かに越えるパフォーマンスを見せてくれました。
ダンスと言ってもこのスタイルは体重を支えている脚自体を動かすステップが中心であるため、手を使って音を表現する事よりも実は数倍難しいのです。ただこれを行う事で、足腰の力強さを体得し、下半身からわき上がるソウルと、大地のリズムをリアルに感じる事が出来る。そして普通はちょっと大変なフロアーのテクニックも、小さい子からみんなに教えています。それでこそ男として踊る意味があり、また様々なスポーツや実生活においてもそのフットワークの軽さが色々と将来の役に立つはずですし、なにより小手先の動きよりカッコイイと思います。

次は高校生から社会人の方まで参加する大人チーム。 

 
先ほど話題にあげた50才の方、どの方だかお分かりになりますでしょうか。もちろん目の前で見ていた方ならすぐ分かると思いますが…。若い方よりも経験もあるのでもちろん上手ですし、この日も大変すばらしいダンスをなさってます。またこの中には親子で参加している方もいらっしゃいます。良いですよねお父さんと一緒にダンスが出来るって、そんな経験なかなか出来ませんし、いつも素敵だなぁと思って見ています。ダンスって子供がやるだけの物だと思っている方も多いと思いますが、40才オーバーの方でもまだまだ全然いけますよ、グルーヴファンデーションなら大丈夫です。子供にだけ「あそこもっと頑張りなさいよ」とか言ってないで、ぜひお母さんもお父さんも踊ってみませんか?無理に運動をするよりダンスなら楽しく身体を動かす事が出来ますので健康にもいいですし…。ちょっとやってみようかなと、もし気が向いたらぜひ講師までご相談下さい。そしてスタジオのダンスパーティーなどでお子さんの前で披露するっていうのも、新しい家族コミュニケーションが生まれて良いかもしれないですよね。希望者がいたらそういうのもそのうち企画してみたいと思います。

それでは、今回も参加者の皆様ありがとうございました。
お疲れさまでした!!!!!

NUE

ちなみに来年は5月15日(日)に発表会も予定しています。皆様ぜひご参加下さい!!

2015年8月11日

IMG_0781

 
川越百万灯祭りに今年初めて男子キッズチームとして出演しました。
スタジオとしては今回で3回目の参加になりますが、いままで男子キッズはショーケースに出れるメンバーが少なかったので、いつも大人と一緒に出演する形になってしまっていたのですが、男の子のメンバーがレッスンを一生懸命頑張ってくれているおかげでようやくショーが出来るようになり、今年初めてキッズだけで出演し、男子キッズチームとして記念すべき第一回目のステージとなりました。

男の子だけで構成されているので、男の子らしく力強いステップやアクロバットを織り交ぜ、そしてそれぞれの個性を生かしたダンススタイルを築き、男の子らしいとても良いナンバーが出来上がったと思います。まずは彼らの勇姿をご覧下さい。
 

 
グルーヴファンデーション川越スタジオのレッスンは男女別で、男の子は男の子の専門クラスで行い、普段からそれぞれのアイデンティティを大切に考えたクラスを研究し実行しています。子供だからと色々決めつけず、また簡単なお遊戯のようなどこでもやるようなダンスでもなく、私自身が伝えられる中でも最高のクオリティを伝授し、そして力強いメンタリティを育てるための独自の練習方法でレッスンを行ってきました。
その結果かどうかはまだ定かではありませんが、今回の本番終了後、彼らに「どう、緊張した?」と聞くと「全然しなかった、楽しかった!」と、いきなりベテランのような面持ちで本番を楽しんでくれていて、私自身も大変嬉しく思いました。彼らがこうやって結果を出してくれる事で、私自身の力にもなり、色々考えさせてもらえるので、私自身も成長する事が出来ていると感じます。ホントに彼らは私の先生でもあります。

私自身は1980年代終わり、中学生の頃からダンスを始め、30年近くダンスを続けて来ましたが、当時はストリートダンスを教えてくれる先生はいませんでした。
なので子供の頃にダンスを教わった経験がまったくないのですが、もし自分が小学生でダンスを始めるなら、こういう先生に習えていたら良かったなぁという想像を膨らまして、今やるべき事は何かを選択し、彼らに教えるようにしています。時にはダンスとあまり関係ない事でも、プラスに働くと思われる事が1ミリでもあれば、率先してみんなで一緒になって遊びます。すると彼らはまた新しい発想をし、その後のダンスの練習に生かしてくれたりします。「急がば回れ」みたいな所です。
彼らとおつきあいしていて特に感じるのは、子供というのは本当にすばらしいクリエイターだと言う事。大人が横から色々口を出す事は、時にそれを阻害してしまう事も多いと思うので、命の危険が無い限りは、なるべく制限をかけず、彼らがオープンマインドでいられる状態を優先するよう常に心がけています。
インスピレーション、イマジネーション、自分自身のアイデンティティ、そして熱い気持ちをもって物事に取り組むことを覚えてくれたら、それがストリートダンスと出会った彼らの最大の財産になると考えています。

最後に、今回参加してくれたメンバーへ。
5歳でありながら小学生のお兄ちゃん達に食らいついて一生懸命練習したしゅうたくん、
大人でも難しい片手バク転を5年生なのに出来るようになってしかも本番でもバッチリ決めたしおんくん、
普段はおしゃべりばかりだけど実はセンスのあるカッコイイダンスを踊れるようになったるなくん、
そして川越スタジオが始まったときから通ってくれていて、大好きなアクロバットを先生の想像をはるかに超えて出来るようになり、今回は男子キッズチームのリーダーとして頑張ってくれたしんきくん、

みんな本当に最高でした!!!
当日はとっても暑かったのによく頑張りましたね、本当にすごい。
これから新しい友達も増えてくるので、
またカッコイイ男子チームのダンスを作って一緒に盛り上げていきましょう。

そして大切なお子様が通うダンス教室に、このグルーヴファンデーションを選んでいただき、
いつも送り迎えしてくれるお母様お父様、本当にありがとうございます。

これからも頑張りますので宜しくお願い致します。

NUE
 
 

★GROOVE BOX#1 KIDS BOYS TEAM

 
こちらは川越で開催されたデイタイムのダンスイベント「GROOVE BOX」にキッズ男子チームが出演した際の動画です。川越スタジオの発表会も兼ねて年に2回行っていて、次回は2016年1月を予定しています。ステージで照明を浴びて踊るのはとても気持ちよく、また実際に人前で踊るという大変良い経験になりますので、ぜひ皆さんご参加下さい。

2015年8月6日

川越女史

 
7/25(土)に川越のダンス夏祭りが
盛大に開催されました。

当日は気温も高く、
熱中症になるのではという心配の中、川越のkidsらは、
大変よく頑張っていました。
男女共に2回ずつ本番があったのですが、オトナの私でもバテバテに
なってしまい、
踊ったら汗が止まりませんでした!

男子チームは、
オトコならではの、
アクロバットやダイナミックな
動き、ステップを取り入れながら、
お客さんを沸かせて、
拍手をもらっていました。
いろんな事ができるようになっていて、見ている親御さん自身も
コドモの成長に驚いていました。

女子チームは、
川越にてマイケルの
smooth criminalをオープニングで
踊るのも今年で3年目になりました。

コドモらはマイケルが生きていた事を知らないのに、
映像を見て、感じて、
マイケルの事をスゴイと尊敬して
いる中、毎年積み重ねて踊る
smooth criminalの
ダンススキルアップに
私自身とても驚いています。
そういえば、私も映像でしか、
マイケルはお会いした事が
ありません。。。

踊れば踊るほど、身体に染み付くんですよね、様々な五感を使った
感覚が。
継続する事のみによって、
得られるこの感覚。

私達のスタジオは、
誰もが、
フリースタイルをカッコよく踊れるようになるのを目標としています。

そうなるためには、
この身体に染み付くという感覚が
欠かせないのです。

身体に染み付いて、はじめて
即興のフリースタイルとして、
自分を解放できるようになるのです。

その為には、自分の気持ち、身体、
全てがバランスよく
磨かれる事が大事です。
磨かれるようになって、
はじめて人前で
即興としてアプローチできるのではないかと。
その為には、継続して
練習して積み重ねていく事によって、ココロもカラダもスキルも
レベルアップを目指す。

だから私達も常に向上を目指して
日々努力する為に、
このようなダンスを継続できるような環境づくりをしています。

皆さんも自分磨きにチカラを
いれてみませんか?

自分のカラダは本当に
驚くほど正直ですので、
必ず答えてくれると思います。

また来年の夏祭りが楽しみです。

GROOVE FOUNDATION
MAYU(MAD:B)
 

2015年8月5日

sasaxuka2015

 
毎年恒例の笹塚のお祭りが今年も7月18日(土)に、開催されました。
台風が心配される中、川越からもダンス遠征しに、姉妹らが一緒に向かいました。

普段は練習場所や地域が違う仲間でも、
ダンスという繋ぐものさえあれば、
自分達のチカラにできるし、
ダンス仲間でパフォーマンスする事によって、
皆さんに喜んで頂ける、
そんな事を川越にスタジオの本店を移動させてから、
すごく感じています。

全部ダンスを通じての繋がりが、
今の私達を支えてくれている事に
感謝して、
これからもダンス道を通じ、
ヒトの為に、
そして地域のチカラとなるように、
また、より多くの人のささやかな楽しみとなれるように、
精一杯努力していきたいと思います。

関係者様お疲れ様でした。
また来年も宜しくお願い致します。

2015年3月4日

EJOEWS_2

 

EJOE先生によるN.Y.HOUSE DANCE WORK SHOPを開催致しました。

90年代のNYで始まったHIP HOPやHOUSE DANCEのNEW SCHOOLといわれるダンスのオリジネーターであり、ハウスダンスにおいても伝説のダンサーである彼のレッスンはとてもすばらしく、開催出来て本当に良かったです。

あれだけ有名なダンサーでありながら、初心者の方にはやさしく丁寧に、そして楽しく指導してくれていたほか、ベテランの方にもポイントでためになるレッスンをしてくれていて、今回とても勉強になりました。

90年代のNEW YORKのBLOOKLYNにおいて始まったストリートダンス(NEW SCHOOL)の文化が、いま日本でも流行っているストリートダンスの基盤を作ってくれました。MOP TOPというNYのトップダンサーが集うファミリーの中に、ELITE FORCE、DANCE FUSION、MIS FITSSというチームがあり、彼らが今ある新しいダンスの基礎を全て創ってくれました。

その代表的なダンサーが彼、EJOE WILSONです。

ダンスは発想やイメージがとても大切なわけですが、本物を目の前で見た事がある人と、目の前で見た事が無い人では、発想やイメージはもちろん、ダンスに取り組む際の打点や、スタートラインもだいぶ異なります。

もちろんYOU TUBEなどのビデオでも見るだけは出来ます。

但し、細かな部分の動きや、音楽の聴き方、人との接し方、またその仕草などにも沢山のヒントが隠されていますので、実際に会って指導してもらったり、直接触れ合う事で得れる感情などは、やはり実際にこのような機会に参加する事でしか体験出来ません。だから本当にとても貴重な機会でした。

私の信念として、GROOVE FOUNDATIONのスクールメンバーには、常に高い打点で本物を提供したいと考えレッスンを行っている事から、今回のようにレジェンドダンサーであり、自身の師匠であるEJOE先生の特別レッスンを開催出来てとても嬉しく思っています。

しかし、私自身がEJOE先生と初めて会ってダンスを教えてもらったのが20歳だったんですが、ダンスも教わりましたし、当時の貴重なクラブイベントにも連れて行ってもらい、そのカルチャーまで教えてくれました。そこで覚醒して、それまでのダンス感ががらっと変わったというか一変したというか、EJOEに出会った事で様々な打点がかなり向上したという事があったので、今回受講してくれた小学生や中学生は早くにそれを経験出来たのがホントにうらやましい限りです。

センスが良くなるというか、色々良い方向に影響が後からジワジワ来ると思います。今後が本当に楽しみですね。

ご参加の皆さん本当にお疲れさまでした!

今回参加出来なかった方も、次回は是非参加してみてください。

※予定は未定ですが、今年夏にまた開催するかもしれません。

2014年10月11日

MQ_A

HIPHOP の生きる伝説
-MarQuest from NYC/Brooklyn-
W.S開催!

今回やっとの思いで、
NYCから先生をグルーヴファンデーションにお呼びして、
10/4東京/笹塚スタジオと10/5
川越スタジオ主催で特別レッスンを開催する事ができました。
これが具体的に実現するまでに約1年かかりました。
何回もNYCや諸外国に足を運び、
どうしても本物を皆さんに見て頂きたい、そんな想いを抱きながら、
今回やっとHIPHOPのレジェンド、
MarQuest のW.Sを開催する事が
できました。

ニュースクールと呼ばれはじめた、90年代のHIPHOPは、本場NYCは
もちろん、日本でも
少し危険な匂いがするもので、
そんな時代の流れの中、
ストリートダンスは、
かなり本気の遊びでした。

渋谷の美竹公園のストリートで、
いつもお巡りさんに怒られながらも毎日練習していた、ダンススタジオなど、まだほとんど存在しない時代の頃から、見続けていた、
ZOOの裏ビデオにも登場する、
アンダーグラウンドなあの
MarQuestが、やっと自分らの
城に来てくれる、
なんとも嬉しい事でした。

NYC/Brooklynで産まれた
HIPHOPダンスを、私達日本人が、
そのバイブスを受け継いで、
創り上げたGroove foundationという
ストリートダンスのスタジオに、
HIPHOPのかなりundergroundな
レジェンドが
来てくれる、そんな機会は、
めったにありません。

皆さんに告知したところ
是非ホンモノを生で、体感してみたい、との声を多数頂き、開催前から
非常にワクワクしながら、
いよいよW.S当日を迎えました。

東京会場では、
7歳から70歳までの方が、
受講して下さいました。
HIPHOPなどに普段関心のない
熟年層の方々が、
MarQuestのダンスを見て
感動している様子には、
やはりダンスに年齢性別国境はなく、言葉ではない、
ホンモノは万人に伝わる、
そんな間違いない感覚を
教わる事ができました。

川越会場では、
30名の年齢、キャラクターも様々な方々が受講して下さり、
皆さん生のレジェンドを
体感して、更に自分のダンスにも
磨きをかけたい、そんな想いを
持たれた方が多数いらっしゃったようです。

”百聞は一見に如かず”

まさしくこの言葉の通り、
体感された方々の意識が
全く変化しているのを、W.Sが
終了した今、どんどん感じています。

こんなにホンモノの影響力はスゴイものなのか。

私自身、国内外のダンスバトルイベントによく参加しているので、
様々なダンサーを見て、セッションして、踊り合い体感して来ていますが、ひさびさに影響力大な
レジェンドダンサーを生で、
ご縁が合った皆さんと共有する事ができ、
大変貴重な経験をする事が
できました。

ご協力頂いた皆様、
ありがとうございました。

グルーヴファンデーションは、
これからも
常にグルーヴとセンスとバランスに
こだわっていきます。

またこのような機会が企画できるよう、日々チャレンジしていきたいと
思っています。

以上HIPHOPレジェンド
MarQuest from NYC/Brooklyn
のスペシャルワ-クショップレポートでした。

 

●東京校

mq_BA

 

 

●埼玉校

MQ_saitama

 

2014年9月6日

kougyoukai写真

9月28日(日)に新狭山公園にて開催される川越狭山工業会50周年記念式典に、グルーヴファンデーションダンスチームが出演します。

前回が10年前に行われたそうで、その際はなんと5,000人のお客さんが来場するビッグイベントになったそうですが、今回はさらに10,000人を想定しているとの事で、かなり大規模な式典の様です。グルーヴファンデーションキッズチーム、高校生チームからの選抜メンバーと、講師陣を中心としたプロダンサーチームが合同でショーケースを行います。

式典は皆さん参加出来る様で、参加者には旅行券などが当たる抽選会にも無料で参加出来る他、キッズにはマジックショーやふれあい動物園、またお菓子などのプレゼントももらえたりするみたいなのでちょっと遊びにくるのも楽しそうです。駐車場もちかくにあるようなので、ぜひお時間がある方は遊びに来てください。

2014年8月10日

今年も川越百万灯夏祭りに出演しました。沢山のキッズが参加してくれて、とても楽しくパフォーマンスしてくれています。動画をYOU TUBEに公開致しましたのでぜひご覧下さい。

★男性チーム

★女性チーム

2014年7月28日

先日行われた2014笹塚南台祭りの、グルーヴファンデーション笹塚キッズ&ティーンズダンスユニットの動画がYOU TUBEに公開されました。

2014年6月27日

今年もお祭りの季節がやってきました。
7/26(土)川越百万灯祭りに出演するためのリハーサル中(女子チーム)。
去年からメンバーもだんだん増えてきて今年も本番が楽しみです!
まだメンバーいるよ!

2014年1月12日

xmas_k2013_blog

2013年4月に川越スタジオをオープンし、同年12月にキッズのためのダンスパーティーを行いました。
まだ一年も経たない中、沢山のキッズが参加してくれて、色々ハプニングがありながらもパーティーは大成功致しました。
これも参加してくれた皆様のお陰であり、深く感謝しております。

しかし川越の子供達は本当に元気な子ばかりで、
とても良いパワーを感じました。
正直まだまだダンスの技術はこれからという所ですが、
このパワーがあればどんどん上手になる事と思われます。

こういった機会に参加すると、
技術もさることながら人前で踊る感覚や楽しさに気付き、
自身でも気がつかない所で意識に変化が起き、
表現力やセンスも磨かれるので、
経験があると無いとでは本当に違うんです。
今回は、本当に子供のころからやるのは大事だなと再認識するとともに、
やはり全ての子供には無限の可能性があるんだなぁと感じました。

ここで余談ですが、
例えばターン(回転)を6歳の子に教えるとします。
すると30分もしないうちに2回転、3回転とできる子が出てきます。
これを大人に教えた場合、3回転出来るようになるには、早い人で1ヶ月、平均して3ヶ月以上はかかります。
これは、大人になるにつれ、目で見た事を身体に伝える段階でなにかの不具合が起きてしまうのではと考えられます。
中学生位からテストのための勉強に翻弄されたり、社会人になると様々な問題に直面していきますので、自分の時間もなくなりますし、まあむりないですよね。

以前(だいぶ前)、私の姉の子がまだ一歳になる前にダンスミュージックのPV(MCハマー)を見せた事があるんですが、その時、全く何も教えていないのにリズムを取り出したんです。
まだ歩く事すら出来ないのに、これには大変驚きました。
今考えますと、赤ん坊の頃は身体脳といいますか脳と身体が直結していて、音楽を聴く事で反射的に身体が動きだしていたように思います。それが、成長するにしたがい、様々な社会環境の中で退化していってしまう様です。私自身が25年間ダンスを続けてきた経験から気づいた事の一つに、身体と心は常に一体であるという事があります。
例えば身体が調子悪い時も強い気持ちを持つ事で体調が早く回復したり、心が調子悪い時は身体を鍛えることで前向きな新しい気持ちになれたりします。
これはスポーツなど身体を動かすことが好きな方は感じた事があると思います。
何らかの方法でその技を身につけることで、人は強くなり、こんな世知辛い世の中でも生き抜く力をもつ事が出来ると思います。
「心」「技」「体」ということに気づくだけで、その人の今後の人生が変わると言っても過言ではないのではないかと思うわけです。

『これからの時代はIQよりEQが必要と考えます』
だから出来るだけ早い段階で始めればいいのですが、うちでは小学生以上しか受け付けておりません。
一つには、それまでにはなにか習いごとするよりも、友達と沢山遊んだり、家族の愛情を受けたりする事をして心を養っていただくのが良いということがあります。
心の基盤が出来た所で、我々が技術を与えるという形がいろいろな意味でベストだと考えてます。
また、うちでは大人のクラスも行っておりますので、ぜひお父さんお母さんにもダンスを経験してほしいと考えています。
子供にやらせるだけじゃ何がなんだか分からないでしょうし、また、身体を若く保ったり、健康促進にもダンスは非常に良いですから。
そのうち親子でショーケースなんて事も可能になるので、本当にお勧めです。
年齢に関わらず、トレーニングすれば誰にでも出来るのがストリートダンスの良い所でもあります。

※EQについての関連URLです。初耳の方はご参考迄に。
http://www.ms-office.co.jp/eq/eqp2.html
http://eq.armg.jp/corp/eq/eq.html

ダンスにはその人の持つ歴史や性格、強いところ、弱いところ、好みなどがすべて出ちゃいます。だから、自分がまだ知らない自分自身を知る事が出来るわけで、更に成長を実感し、自分自身が分かるようになると、少々つらい事でも何事も前向きに見ることが出来て、自分の人生そのものが本当に面白く感じるようになれる。そしてストリートダンスは自分で創造するクリエイティブな能力が必要になるので、これが身に付くと更に楽しくなります。

これからの時代は常に変動していきますから、臨機応変、何事も楽しむ事が出来る強いハート、このハートをしっかり持っていれば、どんな世の中でもやっていけるんじゃないかと思います。

昨今のダンス業界では、ダンスと金を結びつけるという発想が中心で、ストリートダンスそのものの良さや力を教えない(教える事が出来ない)ため、魂の抜けた機械のような踊りをするダンサーも大変多くなってきました。これはリアルなシーンの経験値と、思慮深い指導者が完全に不足していることに起因しているわけですが…。
ですので私が出会ったキッズに望むのは、自分の個性を大切にし、楽しい人生を送る事が出来るEQの高い大人になって欲しいということで、お金を稼ぐだけなら、ダンスより、その時代に合うなにか他の事をやった方が間違いなくいいと思います。

しかしながら、それでも「ダンスでやりたい」という方の為に、厳しいプロフェッショナルクラスも今後作っていこうと考えています。
世界一のダンサーをうちのスクールから輩出する事も私たちの夢ですし、実際本人にそのやる気があれば具体的に可能であると考えています。

突然ですが、ちょっと長くなってしまったので今日はこの辺で終わりにします。
最後までご拝読頂き誠に有り難うございました。

※ショーケースの動画をアップしましたので是非ご覧下さい。

2014年1月5日

k_sasa_x

【笹塚キッズクリスマスパーティー2013レポート】

毎年恒例のX’masを今年は笹塚のジャンクコーヒーにて開催しました。
皆で飾りつけからはじまり、リハーサルを行ってから、
いよいよパーティーオープンです。

2013年

5歳から参加している今年のパーティーは、
はじめてストーリー仕立ての作品を発表しました。
全員でお話を考えていきながら、
それぞれの担当を完成させ、
作品を繋げ、間を埋めていく。
この作業を子供達自らが率先して行っていきました。

これらを通じて感じた事は、
オトナは見守っていく事が仕事であり、
あれこれ口を出し用意するのではなく、
自らが経験して発見して次に繋げていく、
これが正に本人成長のカギに違いないと確信しました。

私自身、秋から冬にかけてNYに修行と仕事を兼ねて2度旅してきました。
本場の空気は、やはりすごかったです。
グルーブファンデーションでも、
何度かワークショップを開催してくれている
NYのHIPHOP.HOUSEシーンのオリジネーター達のダンスをマジかで感じ、
クラブで一緒にダンスさせてもらっている経験は、
しっかりとグルーブファンデーションの子供達に繋げていきます。
ダンスは何より楽しいし、人をも楽しませる事ができる素晴らしいアートです。
エネルギーを出して、受け取り、また返す、
この循環型エネルギーのやり合いがダンスそのものではないかと2013年は確信しました。

writing by MAYU